結構苦労したNTTのPS-S300NE回線接続

引越しをする去年より何年も前からNTTのPS-S300NEを使っていたのだが、これとは別途にSoftBankの光回線用ルータも使っていた。この地域はSoftBankの使用者が少ないためか管理コストがかさむのだろう、SoftBank側からNTTの光回線で、ルーターだけSoftBankのものを使用してくれと言ってきた。選択の余地がなく、この地域は全部そうするようなのでそれに従った。しかし、NTTに金を払って、プロバイター費用はSoftBankに払う、その他にも固定回線(IP固定)を別途に他社と契約していたため、ここですっきりさせておきたいと考えてSoftBank系は一切撤去しようと考えた。

NTTのPS-S300NEだけで固定のプロバイダーに繋がるはずであるからである。

ところが、これが食わせ者と言うかプロ仕様の機械というか、解ってしまえばどうと言うことのないことが使用マニュアルに全く書いてない。書いたマニュアルがあるのかもしれないがそんなものを捜していたらいつまでたっても繋がらない。

絶対繋がるはずだとの思いで、いろいろ試してみた。まずどんな現象かというと、家のサーバにLAN内の私のPCからアクセス出来ないので、自宅のサーバが公開できていないと私自身が思い込んだ。しかたなく、サーバを止めて一ヶ月放って置いた。よって、ストリーミングサーバが公開されない状態が一ヶ月続いたわけです。その間、今井のオヤジは「勝野も金がなくなってサーバが借りられなくなったか」と思ったようである。笑い話ではあるが気を使わせてしまった。

私の机とPCとサーバ2台(黒、左はWin2008Server、右はubuntu12.04)
右端はPC(win7)、モニターは古い。

しかし、仙人小屋の新年の挨拶をハイビジョンで流すにはストリーミング以外に方法はないなと思い直して、再度試みる、結果は前と同じ。しかたなく、LANの基礎から勉強しなおすことにして試行錯誤を重ねて二日目、ようやく元通りに公開とLAN内からもアクセスが可能となった。最初から、サーバは公開されていたのだが、LAN内からアクセスできなかったので私が気づかなかっただけなのだ、なんともお粗末。どうしたかというとPINGでIPを打つと確実に通っているのだが、ドメインで打つと通らない、つまり名前解決が出来ないということが解った。もしや見えてるのかと思い、外部のプロキシを通すと見えてる。ということは、公開されてるじゃん。今井のオヤジに電話して、「うちの動画見えてるか?」と聞いてみた。「見えてるよ!」なーんだ見えてないのは、俺だけか。そうと分かれば話は簡単、LAN内に名前解決の手段を構築するしかない。DNS(ドメインネームサーバ)をセットすれば解決するはずである。これはやったことがなかったので、約半日掛かってしまった。なんだこの数値は、ってところから調べなくてはならなかったが意外と簡単にセットが完了して、あっけなく問題は解消。現在は以前どおりに自宅から自分のサーバも見えるようになりました。なんか不親切なNTTの洗礼を受けたような思いでした。

ブログのサーバを変更してみた。

おっととと、・・・。サーバを変えたのはいいのですが、写真データをバックアップするのを忘れたまま前のサーバからデータを一発削除してしまった。気がついてももう遅い、PCにあるデータをアップするのにどのくらい掛かるんだろ? えーん!だね。
と言うわけで、バックアップはいい加減にやると後で大変な労力を強いられると言うことを今更に勉強いたしました。
なんで、サーバを変えたかというとメインのレンタルサーバが一向にMySQLのバージョンを上げてくれないためにWordpress(ブログのソフト)がバージョンアップ出来なくなっていたことがある。無理やり上げてもMySQLが対応不能ということで動かなかった、当然か。
現在2台のレンタルサーバと2台の自サーバを立ち上げてあるが、ブログはレンタルサーバにおいてある。自サーバをメディアサーバとしているため他の一般的webデータはすべてレンタルサーバにおいてある。
というわけで、一台のサーバでその能力限界内で行っている訳ではないが、ときどき引越し作業が必要になったりトラブルが発生する。
(テストデジブック)

これ俺!

他人のページで私の姿を発見、でも鮮明じゃないんだよね。

これは、2003年10月20日から21日に行われたJMGAの上級検定員用に俺がデモンストレーションしている模様を登山・山岳ガイドを担当の方が撮ったものでしょう。

場所は三つ峠屏風岩の登山道脇のアパッチハングで宙吊りのレスキューを行っているものです。他人が撮ったものだけど、被写体になってるのは私です。うれしいね。礼を言っとくか。

PCの環境を変える時期に来ているか?!

服部満彦さんがお亡くなりになられた。
80歳ということでした、そういえば昨年11月のAGS-Jの創立40年パーティにはお出でにならなかった。
JCC創立者の古川純一さんは90歳、まだ御元気で100歳までは生きると言ってる。ということは、小森さんが80歳になるのか。
先輩も年をとるんだ。困ったね。

一週間ほど前からPCの調子が悪くOSの再インストールを行うべきか悩んできた。重いソフトを何本も入れているためか
PCはDell Precision390 WinXP32ビット、ハングアップが頻繁に起こるようになってしまった。
動画編集ソフトがえいきょうしていると思われる。
なにを入れてるかというと、
・MediaStudioPro8 最も使うソフト、もう販売してないソフト。これがないと作業できない。そのおかげでいまだにXP。
・UleadVideoStudio10 軽い、なくてもいいんだけどおいてある。
・CorelVideoStudioProX14 最も最近買ったもの。これがハングアップし易い。カスタマーセンターに問い合わせたりしたんだけど、「そんな訳ないんですけどね。」といわれたんだけど体験版で試したときにはサクサク快調に動いたのに、お金を出して製品版にしたらハングアップするってないよなあ。
・Edius neo3 これは先を睨んで、もう売ってないMediaPro8に代わるソフトのつもりで入れた。すばらしいがWin7の64ビットにしてから本格的に使う予定。Edius6が欲しくなるんだろうな。
・AdobePremirePro2 古い、5年前に買ったもの。最近はDVテープからのキャプチャくらいにしか使ってない。
・AdobeAfterEffect7professional 古い、5年前にPremireと一緒に買ったもの。しかし、取って代わるソフトがないためこれは使ってる。これなどはAfterEffectで作ったもの。最近のはPremireもAfterEffectも64ビットでないと動かないので現状のPC環境では買えないというものです。
・CorelMotionStudio3D これは最近入れたもの。私の動画のトップでロゴが宇宙を飛んでいるのはUleadのCool3Dで作ったもの。これ「宇宙を飛ぶロゴマーク」、MotionStudio3Dで作った新しいのは「地球を回るロゴマーク」もうひとつ「協会のロゴ」も新しくするのにこれを使った。

さて本題に戻って、MediaStudioPro8を捨てて、Win7、64ビット環境で行くしかないのかと思っているが、現状で使えなくなるソフトが3本、購入を余儀なくされるものが1本、最低限AftereEffectだけは新しくしなくてはならないだろうと思う。ビデオカメラより高価なソフトだからね、あくまでWeb用動画を編集しているだけだからお金がもったいない気もする訳。

斉藤和英(ギド・オートモンターニュ)

フランスシャモニに在住の高山ガイド(ギド・オートモンターニュ)の斉藤和英さんの日本語サイトがダウンしたために、私のサーバに移転してきましたので宜しく御願いいたします。

http://saitochama.papillon-ag.net/

かれは、現在シャモニでのガイド活動と共にスイスローザンヌでのビジネス・スクールで野外活動を通じたチーム・ビルディングを教えられています。よってビジネススクール開講時は留守になります。メールは届きます。
どうしても連絡が取れない、と言った場合には勝野まで連絡下さい。

計画倒れ

Videoamera 袋に入れて大事にして使ってない。

Videoamera 袋に入れて大事にして使ってない。

昨春にストリーミングサーバとインターネット会議システムを・・、なんてだいそれた考えをブログに書いたが、その結果も書いておかねば。
一応ストリーミングサーバは出来たものの会議システムは途中で投げ出した。
JAVAで組まなきゃならないというところで、集中力が続かなかった。というのと、スキル不足、健忘症かと思えるくらい忘れっぽい、といくつも理由をあげることが出来るが、ようは気力不足だったようだ。
だいたい横着に出来ているので、誰かに頼まれて期限でもないと出来ないということかもしれない。
そこで、FullHDの安いビデオカメラを買って試してみた。
そこそこ素晴らしいね。
しかし、ここ6年の間に3台のビデオカメラを買ったが、その都度編集環境も整える必要があるので貧乏人にとっては大変だよ。
嶌田君のように準国営の電信電話会社の研究所の設備を使えるわけじゃないんだから。
だけど、彼の編集したビデオを使わしてもらったけど、最初の監視カメラのような画像はいただけなかった。
「監視カメラの画像」といったら怒っていたけどね。
「アレ、評判良いんですよ。」と言ってたけど、あんなののぞき趣味でもないと良いなんていわないと思うよ。
はっきり言って、誰を撮る、なにを撮る、どんな動きを撮る、の主体的な目で撮っていないものは全部監視カメラじゃないかと私しゃ思う。
まさかあんなの街中に一杯配置しようとしてるんじゃないだろうね。
あれー、題名から外れてきてしまったのでここでやめ。
外れついでにもう一つ、むかし私が持ってたFUJICA645という中板カメラがあるんだけど、山で景色を撮るだけのために使ってた軽くて機動性のある名機、あるとき会社の現場監督がそれを欲しいと言い出した、しょうがないので監督の持ってたNIKONと取り替えた。ところが、35mmの高級なNIKONでも交換レンズが沢山無きゃ駄目ということが判って私の趣味には合わないからとマミヤの67に取り替えた・・とそんな話をするんではなくて、戻って、私が監督にあげた物が、あるとき今井ガイドの家を訪ねて彼のカメラコレクションを眺めていたら、その中にその私があげたカメラがあったのです。
「あれー、これ俺のカメラじゃん。」回りまわって今井さんの書棚に飾られていたって話でした。今井さんの書棚にあったのでは、なんの思い出も無いかもしれないが、あのカメラを持ってアイガー北壁いったんだから私にとっちゃ記念のカメラ、ネガは金が持って行ったきり返さねえ。
だけど20年前にあげたカメラに出会えるとは思ってもいなかった。

監視画像

監視画像