登山の「ガセ」情報?その6

Yahooの「知恵袋」という質問して回答をすると、良い回答には「知恵コイン」がもらえるというコーナーがありますが、その中にたまたま大きな誤りを見つけてしまった。
「残置しない懸垂支点の作り方」というYouTubeを見て、その結び方を知りたいと言う質問に対しての回答が明らかに間違っている。
間違っているが、質問者は「ベストアンサー」マークを付けて’解決済み’にしているためその間違いを指摘してやることが出来ない。
ページはここだ。
この結びは、シェーズガンスとしてAGSJのマニュアルに(ガイドマニュアル2章、共通技術)公開しているところから、知っている方も大分いるはずである。
出展元のマニュアルを書いた私としては、こういうことを恐れていたのだった。
見よう見まねでかっこいいからやる、と言うのでは事故が起こってしまう。知恵袋のベストアンサーにある写真の結びでは、荷重が掛かっても結びが締まる事はないし、解けてくる可能性がある。
質問者の見たと言うYouTubeも確認したが、YouTubeで行っている結びの動画は間違っていない。しかし、その結びが必要となる設定が間違いだと言わざるを得ない。
「残置スリングをするのがもったいないから・・」と言う説明で実演していたが、余っているなら残置することが安全である。残置出来ない状況に陥りそうな場で必要な技術だと言うことを理解いただきたい。
実際にあった事、黒部の奥鐘山西壁を登って、下降ルートが判らずに、南西壁を降りてきてしまった。つまり、西壁よりも上流側に降りてきたことになる。途中から懸垂下降になって、壁が大きいから何ピッチも懸垂下降を余儀なくされたらしい。最後には、ヤッケの紐、靴紐まで外して支点に残置して懸垂支点を作ったと言う話を当人から聞いたことがある。こんな場では、この技術があればなんなく降りられたことだろう。
また、大きな角のある岩角を支点にするようなときは、直接ロープを回してもロープが回収できない。そんなときにもこの回収技術は有効に働く。また、長い氷壁のような箇所を何ピッチも懸垂する際も有効である。日本のような5ピッチも懸垂すれば下についてしまうところで行う必要は全くない。ヨーロッパの長い氷壁ルートやヒマラヤの長い氷壁ルートを下降しなければならなくなったときに知っておくと有効となろう。
そんなわけで、「知恵袋」にあるベストアンサーは間違っているので真似をしないようにしてほしい。また左図のV字スレッドにシェーズガンスを使うことも今では古い技術の範疇となる。今は、V字スレッドの穴に直接ロープを通して回収することが容易で、安全であると変わってきている。
図解入りで解説してあるAGSJのマニュアル(2章共通技術)3,500円を買ってお読み頂きたい。

うちの携帯電話

携帯電話を持ち始めて17年になる。
AGSJのガイドの中でも一番早かったわけ。ガイドになるときの研修時にすでに持っていて、前穂北尾根やジャンの頭から家に電話してた。
それを見ていたガイドも真似るように携帯電話を持ち始めた。
当時はたしか、買取というのはなくて全てレンタルで、イニシャルコストとして5万円ほど掛かったように記憶している。
当時まだ建設会社に勤めていて電算室から営業に回った頃だった。会社からはポケットベルを持たされて呼び出されたらテレフォンカードで会社に折り返しの電話をする、ということをやっていた。
公衆電話が近くになかったら自分の携帯電話に頼るしかなくなる。
携帯電話代は会社から出ない、出るのはテレフォンカードだけ。損じゃん。んじゃポケベルのスイッチ切っとこう。今で言う着信拒否である。しかし、俺が携帯電話を持ってることを知ってる会社もポケベルなんか鳴らさなくなった、いきなり携帯に電話してくる。そんじゃポケベルは会社の机に入れとこう。会社もポケベルと携帯の切り替えに悩んでいたようだ。
その当時から、電話番号は今のものと一緒である。
いまうちの携帯は、家族割引で私と妻と娘の3台がdocomo、妻と娘とおばあちゃんの専用携帯は何処のか知らない。の2系統あるらしいが、妻と娘とおばあちゃん専用は番号さえ知らない。
娘の携帯使用率が異状に高くて、私の使用料が4,000円程度、妻のが7,000円程度、娘のが20,000円台、そんなのありかよ、毎月これだからね。
いちどビックリする金額の請求書が来たので2ヶ月ほど娘の携帯を取り上げて、固定電話を使うようにさせた。ところがその固定電話料金が月に3万円ほど増額することになった。一計を案じて、通話を録音できる電話機に買い換えて、「こんご会話は全部モニターするから!」とやった。
そしたら大騒動、妻が「そんなひどいこと止めてよ」娘に言う前にこの計画はポシャッてしまった。
3万円を超えたら携帯電話は止めるから、と言って携帯を娘に返した。固定回線はサーバーに繋がっているからを止めるわけにはいかないが、携帯電話なんて止めたってかまねえだろう。との私のかんがえなんだが、「あたし、おばあちゃんと住むから」と娘が出て行った。そして別の携帯をおばあちゃんに買ってもらったらしい。
「あーすっきりした」と言いたいところだが、Docomoの携帯電話代は振って来る、それが20,000円台なのだ。
高校生なんだから、高校生らしい使い方をしてほしい、これみてたら頼むよ!
いつからか忘れたが、銀行引き落としを解除してある。よって1ヶ月遅れの支払いになっていて期日ぎりぎりに支払い書をコンビニに持っていって支払っているため
忘れていると、半日くらい携帯が止まっていて気づかないことがある。この方が便利なのだ気に入らないと止められるのだから。
「かっちゃん、携帯止まってるよ!引き落としにしといてよ、みっともないよ」今井さんが電話してくる。
「金がないから止まったんだ・・、午後には繋いどくよ」といって困るのは私だけみたい。「パパ、携帯止まってるよ」と妻から別の携帯でかけてきやがる。
これがうちの携帯電話の実態。
友人知人に「幾ら位、携帯電話代払ってる?」って聞いても多くても1万円台まで。うちだけなんで3万円台なの?

これ俺!

他人のページで私の姿を発見、でも鮮明じゃないんだよね。

これは、2003年10月20日から21日に行われたJMGAの上級検定員用に俺がデモンストレーションしている模様を登山・山岳ガイドを担当の方が撮ったものでしょう。

場所は三つ峠屏風岩の登山道脇のアパッチハングで宙吊りのレスキューを行っているものです。他人が撮ったものだけど、被写体になってるのは私です。うれしいね。礼を言っとくか。

PCの環境を変える時期に来ているか?!

服部満彦さんがお亡くなりになられた。
80歳ということでした、そういえば昨年11月のAGS-Jの創立40年パーティにはお出でにならなかった。
JCC創立者の古川純一さんは90歳、まだ御元気で100歳までは生きると言ってる。ということは、小森さんが80歳になるのか。
先輩も年をとるんだ。困ったね。

一週間ほど前からPCの調子が悪くOSの再インストールを行うべきか悩んできた。重いソフトを何本も入れているためか
PCはDell Precision390 WinXP32ビット、ハングアップが頻繁に起こるようになってしまった。
動画編集ソフトがえいきょうしていると思われる。
なにを入れてるかというと、
・MediaStudioPro8 最も使うソフト、もう販売してないソフト。これがないと作業できない。そのおかげでいまだにXP。
・UleadVideoStudio10 軽い、なくてもいいんだけどおいてある。
・CorelVideoStudioProX14 最も最近買ったもの。これがハングアップし易い。カスタマーセンターに問い合わせたりしたんだけど、「そんな訳ないんですけどね。」といわれたんだけど体験版で試したときにはサクサク快調に動いたのに、お金を出して製品版にしたらハングアップするってないよなあ。
・Edius neo3 これは先を睨んで、もう売ってないMediaPro8に代わるソフトのつもりで入れた。すばらしいがWin7の64ビットにしてから本格的に使う予定。Edius6が欲しくなるんだろうな。
・AdobePremirePro2 古い、5年前に買ったもの。最近はDVテープからのキャプチャくらいにしか使ってない。
・AdobeAfterEffect7professional 古い、5年前にPremireと一緒に買ったもの。しかし、取って代わるソフトがないためこれは使ってる。これなどはAfterEffectで作ったもの。最近のはPremireもAfterEffectも64ビットでないと動かないので現状のPC環境では買えないというものです。
・CorelMotionStudio3D これは最近入れたもの。私の動画のトップでロゴが宇宙を飛んでいるのはUleadのCool3Dで作ったもの。これ「宇宙を飛ぶロゴマーク」、MotionStudio3Dで作った新しいのは「地球を回るロゴマーク」もうひとつ「協会のロゴ」も新しくするのにこれを使った。

さて本題に戻って、MediaStudioPro8を捨てて、Win7、64ビット環境で行くしかないのかと思っているが、現状で使えなくなるソフトが3本、購入を余儀なくされるものが1本、最低限AftereEffectだけは新しくしなくてはならないだろうと思う。ビデオカメラより高価なソフトだからね、あくまでWeb用動画を編集しているだけだからお金がもったいない気もする訳。

斉藤和英(ギド・オートモンターニュ)

フランスシャモニに在住の高山ガイド(ギド・オートモンターニュ)の斉藤和英さんの日本語サイトがダウンしたために、私のサーバに移転してきましたので宜しく御願いいたします。

http://saitochama.papillon-ag.net/

かれは、現在シャモニでのガイド活動と共にスイスローザンヌでのビジネス・スクールで野外活動を通じたチーム・ビルディングを教えられています。よってビジネススクール開講時は留守になります。メールは届きます。
どうしても連絡が取れない、と言った場合には勝野まで連絡下さい。

ガソリンは近所のスタンドで。

昨日、ワイフがお使いに行くと言って近所の西友まで車で出かけたんだけど、登り道で車が止まってしまったらしい。
電話を掛けてきて、「これどうしてなの?」「ガソリンあるか?」「ない!」
単なるガス欠、近くのスタンドに電話してガソリン20L持ってきてもらった、5,000円。
そうとう恥ずかしかったらしい、知った人や近所の人が通らないかと気が気でなかったと言ってた。
おれは、大笑いしてしまった。
スタンドの人が、「ガソリンの配達販売は出来ないんです。」と言われたらしいが粘って持ってこさせちゃったところが
「えらい」と褒めときました。
JAF呼べばいいんだろうけど、近所付き合いも大事ってことだね。