悪魔の左足が・・

題は、日刊スポーツ紙の本田圭祐FKの形容だけど、ようやく本田の左足が回復してきたようだね。
右膝半月板の故障からそんなに簡単に復帰できるとは思えなかったし、W杯最終予選、コンフェデ杯と注視していたが故障前の状態に復調しているとはとても言える状態ではないなと感じていた。フリーキックは蹴るものの枠を大きく外したり、お辞儀したような弾道だったりしていたから、あー、まだ駄目だなと思っていた。
そんな折にミラン移籍が取りざたされ、完全復調を印象付けざるを得ずFKも蹴ってはいたが思い通りに行っていないことが見て取れた。
コンフェデの3連敗も本田の完全復調があればあんな結果にはならなかっただろうと私は思っている。
ようやく、復調の兆しが見えてきた。こんごロングシュートも放つだろう。そうしたら本物の復調だ。

香川のMVP(MOM)、そりゃねーだろー。

昨日のマンチェスターUと横浜FMとの試合をTV観戦したが、面白くなかったね。マンUは調整レベルで試合をしていたし、マリノス藤田が簡単に決勝ゴールを決めて見せた。つまり、6万人余も集まった観客には悪いが、あれはマンUの練習試合でしかなかったと言うことでしょう。
面白かったと言うか、バカバカシイというか、顰蹙ものだったのが、この試合のMVP(MOM)が香川真司だったこと。さすがに、そりゃないだろうと思った。
やらせというか、インチキぽいね。誰が選んでいるんだろうね。スポンサーが選んでいるんなら解らんでもないが。
TBSのアナウサーも出てもいない前半から香川に話題を振って、「日本の大黒柱」、「日本の10番」と形容して香川を持ち上げていたが、本当の意味でそのとおりだったら良いんだけど、まだ日本の大黒柱としての活躍はしてないっての。
日本の10番ってのはトップ下で試合を組み立てる役目の選手が背負うと言う意味だと思うが、そういう役割で香川は成功してはいないし、たまたま10番をせおっているというに過ぎないと思うよ。将来は別として現状では過大広告の香川だね。
尚更、MOMだなんていうと、恥の上塗りみたいなもんだと思ったわけさ。
MOMはマルキーニョスだろうね。
サッカーメディアももうちょっと現状を見る目がないと育つものも育たない気がする。

(追記7/26)昨夜のマンUとC大阪の試合は良かった。
TBSの中継が捏造番組に近かっただけに、普通に楽しめたね。C大阪も良かったね。特にGKの能力の高さにびっくりです。
リードされてからのマンUの攻撃も流石に見ごたえがあった。本気度が高くないと遊びにしか見えないからね。
よかった。おわり。