登山の「ガセ」情報?その6

Yahooの「知恵袋」という質問して回答をすると、良い回答には「知恵コイン」がもらえるというコーナーがありますが、その中にたまたま大きな誤りを見つけてしまった。
「残置しない懸垂支点の作り方」というYouTubeを見て、その結び方を知りたいと言う質問に対しての回答が明らかに間違っている。
間違っているが、質問者は「ベストアンサー」マークを付けて’解決済み’にしているためその間違いを指摘してやることが出来ない。
ページはここだ。
この結びは、シェーズガンスとしてAGSJのマニュアルに(ガイドマニュアル2章、共通技術)公開しているところから、知っている方も大分いるはずである。
出展元のマニュアルを書いた私としては、こういうことを恐れていたのだった。
見よう見まねでかっこいいからやる、と言うのでは事故が起こってしまう。知恵袋のベストアンサーにある写真の結びでは、荷重が掛かっても結びが締まる事はないし、解けてくる可能性がある。
質問者の見たと言うYouTubeも確認したが、YouTubeで行っている結びの動画は間違っていない。しかし、その結びが必要となる設定が間違いだと言わざるを得ない。
「残置スリングをするのがもったいないから・・」と言う説明で実演していたが、余っているなら残置することが安全である。残置出来ない状況に陥りそうな場で必要な技術だと言うことを理解いただきたい。
実際にあった事、黒部の奥鐘山西壁を登って、下降ルートが判らずに、南西壁を降りてきてしまった。つまり、西壁よりも上流側に降りてきたことになる。途中から懸垂下降になって、壁が大きいから何ピッチも懸垂下降を余儀なくされたらしい。最後には、ヤッケの紐、靴紐まで外して支点に残置して懸垂支点を作ったと言う話を当人から聞いたことがある。こんな場では、この技術があればなんなく降りられたことだろう。
また、大きな角のある岩角を支点にするようなときは、直接ロープを回してもロープが回収できない。そんなときにもこの回収技術は有効に働く。また、長い氷壁のような箇所を何ピッチも懸垂する際も有効である。日本のような5ピッチも懸垂すれば下についてしまうところで行う必要は全くない。ヨーロッパの長い氷壁ルートやヒマラヤの長い氷壁ルートを下降しなければならなくなったときに知っておくと有効となろう。
そんなわけで、「知恵袋」にあるベストアンサーは間違っているので真似をしないようにしてほしい。また左図のV字スレッドにシェーズガンスを使うことも今では古い技術の範疇となる。今は、V字スレッドの穴に直接ロープを通して回収することが容易で、安全であると変わってきている。
図解入りで解説してあるAGSJのマニュアル(2章共通技術)3,500円を買ってお読み頂きたい。

登山の「ガセ」情報?その6” への3件のコメント

  1. 結び目(シートベント+ひと結び)がこちら側にあったほうが、このシチュエーションでは良いのでしょうか?

    (シェーズガンスとは、人名ですか?)

  2. シェーズガンスはシートベントを引き解け結びにしたものです。
    シェーズガンスとは人名ではなく、フランス語で「飾り紐」という意味のようです。
    こちら側というのは、どちら側のことを言っているのか判りませんが、結びの位置によって回収不能になる可能性はあります。
    ご質問の中に「シートベント+ひとむすび」とありましたが、「ひとむすび」はオーバーハンドノット」を言われているのでしょうか。
    オーバーハンドは何処にも作っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>