ワールドカップブラジル大会に望みあり

コンフェデカップを見て一勝もできなかったが、ワールドカップではやってくれる予感がする。
それは、本田圭祐の今回大会後の落ち込み具合からそう予感している訳だ。
逆境を切り抜けて切り抜けてきた本田圭祐だからこそ、そう予感させてくれる。彼はいみじくも語っていた、「僕が歩んできた道のりは順風満帆ではない。恐らくこれからも、自分が進む道は一筋縄ではいかない。しっかり責任を持って進んでいきたい。」
彼の言葉は、飾り気はないが日本人の心にぐっさりと刺さってくるのではないだろうか。
現在の日本代表で足りないところを充分に感じ取ったであろうというのも期待できると予感する一因でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>